スマホカメラにできて一眼レフにできないこと

ここ数年、スマホ業界およびカメラ業界では「スマホカメラが一眼レフを超える」と話題になっています。一眼レフを使っている人は特に気になるかもしれません。本当に一眼レフが、あの小さなスマホに追い越されるということがあるのでしょうか?

ここ数年、スマホ業界とカメラ業界で、スマホと一眼レフの比較が頻繁に議論されています。現時点では、一眼レフの画質にスマホは追いついていません。しかし、スマホが勝っている点はどんどん増えてきています。
まず明らかなのが、持ち運びの容易さです。スマホは常にポケットに入れておいても気になりません。スマホカメラの小型化が進んでおり、業界最高レベルのカメラを搭載したスマホでも、本体の大きさや重さはほとんど変わりません。持ち運ぶのにバッグ1つ使わなければならない一眼レフは敵わない点です。

 

SNSなどのアップロードと他人への共有という面では、スマホの圧勝です。スマホで撮った写真は、その場でSNSに投稿したり、メッセージアプリなどを通して、写真を撮ったそばから他人に共有したりできます。一眼レフで撮った写真は、パソコンにつなげなければ他の機器に写真を送ることができません。それが手間になり、撮った写真がずっとSDカードの中に眠ったままということもしばしばあります。

 

また、写真の加工は当たり前になってきています。写真うつりを良くするのはもちろんのこと、様々なフィルターを駆使して、写真を1つのアート作品のように仕上げることもあります。これらの作業が撮ったその場でできることは、スマホが一眼レフに勝っている点と言えるでしょう。

 

スマホカメラが一眼レフの画質を超えることはまだまだ難しいようですが、スマホでしかできないこともたくさんあります。現時点では状況によって使い分けるのがベストです。