スマホカメラと一眼レフの比較

スマホカメラではなく一眼レフを持つことのメリット

スマホカメラの性能の向上は著しく、あと数年で一眼レフを超えると言われています。ということは、このままでは一眼レフの存在意義は無くなってしまうのでしょうか。一概にそうとは言えません。一眼レフには、現時点でスマホが敵わない性能がたくさんあるのです。

なにより、純粋な画質では一眼レフに軍配が上がります。一眼レフの方がはるかにセンサーのサイズが大きく、光を取り込みやすいので、細かい場所まで繊細に映し出すことができます。こればかりは大きさの問題になるので、小ささを売りにしているスマホはまだ追いつくことができていません。

出来上がった写真のオリジナリティーの面でも、一眼レフが勝っています。どういうことかと言うと、一眼レフはレンズやボディの組み合わせで写真の写り方が変わります。また、絞り値やISO感度、シャッタースピードなどの設定も自分で変えることができるので、自分好みの写真を撮ることができるのです。

一方、スマホではレンズの交換はできませんし、絞り値や画角もあらかじめ決まっています。フィルターなどもあらかじめ決められているものを使うことになるので、一眼レフに比べてオリジナリティーは出しづらいと言えるでしょう。

望遠機能においても、スマホはまだまだ一眼レフには及びません。スマホではもともとの画角から引き延ばして拡大するので画質が粗くなりますが、一眼レフでは専用のズームレンズを使用するので画質が落ちることが少ないのです。

まだまだ一眼レフが勝っている点は多いです。一眼レフを持っている人も、これから始めようと思っている人も、気にせず一眼レフを手に取ってください。