私たちは、自然に優しい生活を応援します。

涼を求めて那須高原へ出かけよう

涼を求めて那須高原へ出かけよう

毎日がうだるような暑さ続きで、何もやる気が起きなくなったり、どうしても食欲が湧いてこなく、元気になれないことはありませんか。それもそのはず、日本列島では、全国的に30℃を超える暑さが連日のように続いているのです。

こんな日が毎日続いていたら、仕事やプライベートも捗りようがありません。ところが、そんな暑さを忘れさせてくれるスポットが東京から高速道路利用で約2時間、新幹線利用で約1時間15分程度で到着する近さにあるのです。

そのスポットは、栃木県にある那須高原で、首都圏近郊のレジャースポットとしても人気があります。そこで、大自然がいっぱいの那須高原のオススメなスポットを紹介します。



那須ロープウェイ・那須岳(茶臼岳)

那須は全国的にも避暑地と知られていて、夏になれば全国各地から涼を求めに多くの観光客が訪れます。その中でも、那須へ訪れたら欠かせないスポットは、那須ロープウェイです。那須I.C降り、メインストリート那須街道を那須高原方面へ進み殺生石を通過し、くねくねと曲がくねった道路を登っていくと山麓駅に到着します。山麓駅からは茶臼岳の9合目まで結ばれていて、約4〜5分程度で山頂駅に到着します。

山頂駅に到着すると、展望スペースもあり、360度見渡せる大パノラマが絶景です。駅から山頂までは、登山道を歩いて約1時間で到着します。そこで、注意したいのは天候と服装です。山頂駅は、標高が1,700m近くありますので、上に羽織るものを準備しておくと良いかもしれません。

そして時には、気候の急激な変化によりガスが流れ視界が悪くなり、突風も吹き荒れるのでその対策は必要です。標高が低いエリアは天気が良いのに、ロープウェイにたどり着くと、天候が急変することもあります。

今でも、記憶に残っていますが、筆者が小学4年生の頃家族旅行の時に、ロープウェイの山頂駅に到着した途端、辺り一面はガスに覆われ強風が吹き荒れていたので、山頂まで登るのを断念してしまった経験があります。

けれども、360度見渡せる大パノラマを眺めるためには、那須ロープウェイは欠かせなく、高原の涼しさを体感できる屈指のスポットでもあるのです。
  

那須サファリパーク

那須は色とりどりの山々に囲まれていて、街中の慌ただしさを忘れさせてくれ、ダイナミックな自然を十分に満喫できます。その中でも、人気があるスポットは、色々な動物と触れ合える那須サファリパークです。大きな特徴としては、キリンやシマウマなどが放し飼いにされていて、パーク内を車で周り、動物と至近距離から餌やりなどもできます。

動物好きにとってはもちろんのこと、家族連れでも楽しめ、動物の世界を肌で体感できます。富士サファリパークほど規模は大きくありませんが、アートファーム感のある園内はきっと良い旅の思い出になるでしょう。ちなみに、入園料金は、大人(中学生以上)2,800円で子ども(3歳〜小学生)が1,900円になります。



那須どうぶつ王国

雄大な自然に囲まれている那須は、多くの観光牧場が点在していますが、那須どうぶつ大国では、約150種600頭の多種多様の動物たちと触れ合える体験型のレジャースポットです。園内は、屋内施設中心の「王国タウン」と屋外施設の「王国ファーム」に分かれています。

動物園と言えば、ライオンやキリンが定番ですが、ここはイヌやネコなどのペット系から猛禽類やナマケモノなどバリューエーションに富んでいて、他の動物園とはまた趣が異なっています。

また、バードショーやネコのショーなどもあり、子どもだけでなく大人も夢中になってしまうイベントが多くあります。子どもに大人も交じって動物を探す姿や触れ合う姿を見ているだけでも楽しい気分にさせてくれます。普段の仕事のストレスから解放でき、大自然をバックグランドにしながら、ホッとしたひとときを過ごせます。

そして、季節によっては子どもたちにも大人気なカブトムシなどの飼育展示もあり、いつ訪れても楽しいですね。また、定期的に新しい動物を導入したり、施設の改造を積極的にしているので、リピーターが多い動物園としても知られています。

入園料は、大人(中学生上)が2,400円で子ども(3歳〜小学生)が1,000円になります。
ここは、大型遊園地よりも比較的入場料がリーズナブルなため、全く乗り物に乗れなく後で後悔するようなこともありません。そして、街中ではあまり見られない動物たちと間近にして触れ合えるので、那須の中ではイチオシのスポットです。



那須にはそのほかにも見どころがいっぱい

那須I.C.を降り立つと、那須街道沿いにはお土産屋さんや飲食店などが立ち並び、早くも観光気分を高めてくれます。その中でも、特にお蕎麦屋さんが多く、食べログなどのサイトには、蕎麦屋さんだけでも実に100を超える店が掲載されています。

筆者も何度か訪れていますが、どこの店が良いのか目移りしてしまうほどです。なので、出かける前にはガイドブックなどで事前に下調べしておくことをオススメします。それ以外にも、温泉スポットとしても知られていて、日ごろの仕事の疲れやストレスを癒してくれます。

見学スポットも、じっくりと見入ればそれだけで1日かかってしまう所もあり、温泉やグルメも行程に含めると、とても2日間では周り切れません。そんな魅力がいっぱいの那須は、緑豊かな大自然に囲まれ、間近に触れ合うこともでき、それは街中の喧騒から解放させてくれるのです。 
Copyright(C) All Rights Reserved.